読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

派遣で倉庫へ行った話(東京編)

◆数年前、地方から住むところだけ契約して上京し、就職するまでフラフラしていた頃の話ホマ

 

◆バイトなり就職なり、決まるまでの間、派遣に登録したホマ

 

◆複数ある仕事の中から、ネットでチェックしてスケジュール合ったら応募する、単発のやつホマ

 

◆その派遣会社で初めての仕事は、

 

ミッション「倉庫で靴の仕分け作業をせよ」

 

みたいなやつだったホマ

 

◆私は重たいものとか持てないし、持ちたくないので、仕分けなら楽そうだと思い、そらに応募したホマよ

 

◆朝の7時くらいに品川駅の○○集合みたいな感じで、集められ、バスに乗せられて港の方の巨大倉庫に連れて行かれたホマ

 

◆バスはほぼ満員で、陰気臭い連中ばっかりだったホマ

なんか怖いし……

 

◆若い人は少なく、中年が多かったホマ

 

◆自分が普段見たことない系の、日常生活で関わらないタイプの負のオーラに包まれていたホマよ

 

◆仕事内容は、もくもくとダンボールから出したサンダルやら靴やらのタグを切った覚えしかないホマ(カッターとマジックペン持参だった)

 

◆一月だったから超冷えたホマ……

 

◆8時間くらいで終わって何事もなく終了したホマけど……

 

◆仕事はつまんないし、寒いし、暗いし、周りは負のオーラ出てるしで、こんな仕事場ムリ!となって、二度とそこに応募することはなかったホマ

 

 

◆地元の派遣で工場に行ってたころの職場はまだマシだったホマけど……

 

◆ここに居てはいけない……と思ったホマ

 

◆みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか

 

◆私は1日で十分ですホマ