読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突き抜けるべし。器用貧乏とセシル(FF4)の思い出

◆先日、仕事の道具を買ったホマけど、色んな方向から使用できる、というものだったホマ

 

◆実際使ってみると、確かに横からでも、後ろからでも使えるけど、どっちから使ってもシックリこない……

 

◆これは無いな、と思ったホマ。

 

◆なんでも中途半端にできるより、どれかに特化していた方がいいホマ

 

◆当たり障りがないということは、これといった特性がないということホマね

 

◆アレもできる、コレもできるけど、突き抜けた部分がない、器用貧乏という言葉があるホマね。

 

◆私にとって器用貧乏といえば、古いけどFF4の主人公、セシルホマ。

 

セシルは物語中盤で、暗黒騎士からパラディン(聖騎士)になるホマ。

 

パラディンは剣で戦えて、白魔法も使えるので回復もできるホマけど、中レベルまでの白魔法しか覚えられないので、後半には回復が追いつかないホマ

 

◆MPも少なかった気がするホマ

 

◆ちょっとした回復のできる剣士、という立ち位置ホマね

 

◆アタッカーとしても、悪くは無いホマけど、暗黒騎士だったときの【あんこく】……自分のHPをけずって、敵全体を攻撃。

これができないので、なんだかなぁという感じホマ

 

◆まぁ、FF4のパーティメンバーは、何かに特化した連中ばかりなので……

 

槍持って飛ぶアタッカー(カイン)

打たれ弱いけど、素早い忍者(エッジ)

回復ヒロイン(ローザ)

攻撃特化の召喚士(リディア)

 

なので、ローザの回復が追いつかない時に白魔法つかったり、暇だったら攻撃したりの、調整役って感じホマ。

 

◆リーダーっぽい役割ホマけど、

なんかパッとしたいんだよなぁ……

 

 

◆セシルといえば器用貧乏、器用貧乏といえばセシル。

 

こどもながらに何か重要な事を学んだ気がするホマよ。

 

◆そもそも不可能ホマけど、みんなに好かれようとして、薄く繋がるより、

 

自分の特性を伸ばして濃いファン(友達とか)を作る方が良いホマ

 

( ^^ω)あたしゃ器用貧乏は許さない!わけではないけど、おすすめしないよ!!!

 

 

PS:暗黒LOVE